メニュー

上手な録音の方法株式会社 アーク写本

当社は日本語の音声反訳を専門とする会社です

初めてコール

0120-555-107受付時間
平日9:00~17:00

メールでのお問い合わせはこちら

上手な録音の方法

ご依頼をいただく前の録音にも当社としての責任があります

 

音声反訳では録音の品質が原稿の品質を左右します。音質の良いことが音声反訳をご依頼いただく際の必須条件となりますので、録音をされる前に、ぜひご相談ください。

準備

録音品質は、録音する場所・部屋の状況によって大きく左右されます。床はじゅうたん敷き・窓にはカーテン・壁面はクロス張り等の部屋であれば品質の良い録音が可能です。

 

騒音の発生源を停止したり、扉・窓を閉めて騒音・雑音を遮断してください。

録音マイクは、空調音やPC等のドライブ音など人間が気付かないような音まで拾ってしまうものです。それらの音源を停止するか音源からマイク部分を離すようにしてください。

 

予備のICレコーダーを別に準備して、予備録音を録ることをお勧めいたします。

万が一、機械の不調や不測の事態で録音に失敗した場合、予備の録音を録ってあれば作業は可能です。

(会場にスピーカーがある場合は、アンプからの予備録音をお勧めいたします)

 

本録音の前に、必ずテスト録音(可能であれば同じ条件で、前々日と当日)を行ってください。

録音

ICレコーダーは、机などに直置きせず緩衝材(ゴムラバー・フェルト生地など)を下に敷いてください。

可能であれば机上から少し高い位置にセットしてください。(設置面を少なくすることで机から伝わる振動音などのノイズを低減できます)

 

発言者の口元から1メートル以内にセットしてください。

どうしても室内外の雑音や騒音が入る場合は、マイク部分をより発言者の口元に近づけてセットするよう工夫してください。

 

音に反応し自動的に録音を始める機能は使用しないでください。(正確で読みやすい原稿を作成できません)

録音をされる前に、ぜひ弊社にご相談ください

 

○状況はさまざまですが、録音品質の良くないもの(雑音が入っている・反響して鮮明に聞こえない等)で、ご依頼をいただくことがあります。ご自分の知っている声や精通されている内容は少々難聴でも聞き取れますが、反訳者が聞き取ることは非常に難しい作業となりますので、録音には万全を期し事前に録音品質を確認の上ご依頼ください。

 

いずれにしても、録音品質の良いものをお渡しいただくことが音声反訳をご依頼いただく際の必須条件となります。

録音をされる前に、ぜひ弊社にご相談ください。開催場所に応じた録音方法等、アドバイスさせていただきます。

○座談会・会議等は、発言順のメモ(会議スタートから会議終了まで、発言者と最初の言葉を少し書いたもの)を作ってください。メモがあれば原稿に、発言者名を入れることができます。

 

同じ業界の人は話し方も似るものです。まして、男性ばかり女性ばかりの座談会などでは発言者を聞き分けることは困難です。自分の出席した会議やよく知っている人の声でしたら録音された音声だけでも名前を入れられますが、音声反訳をご依頼いただく場合は、発言メモがないと、どなたの声か聞き分けられません。可能な限り発言メモの作成をお願いいたします。

 

(メモのない場合は発言者がかわったことがわかるようにいたします)

 

お問い合わせをいただければ「発言メモの作成方法」を、ご希望の方法(Eメール添付またはFAX等)にて送付いたします。お気軽にお申しつけください。

○出席人数が10人から15人ほどの会議を録音することが、一番難しいとされます。

 

部屋がそれほど大きくなく拡声用マイクを使用しなくても声が届く程度の広さです。すべての発言を鮮明に録音することが非常に難しい形態の会議となりますので、ぜひ弊社の出張録音反訳(当方が現場に赴いて録音。音声を反訳します)を、ご利用ください。

 

以上、甚だ勝手ではございますが、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせ・ご依頼は

03-5954-7606受付時間
平日9:00~17:00

メールでのお問い合わせはこちら

PAGETOP