メニュー

文章の整え方について株式会社 アーク写本

当社は日本語の音声反訳を専門とする会社です

初めてコール

0120-555-107受付時間
平日9:00~17:00

メールでのお問い合わせはこちら

文章の整え方について

音声を反訳(文字化)する際の整え方は、それをお客様が何にお使いになるか、目的によって変わってきます。

逐語反訳

登場人物の語り口や言葉ぐせは、一言一句をすべて正確に厳密に「聞こえたとおり」に反訳します。

例えば、会話分析用(特別仕様)の場合、手を加えては資料になりません。また、裁判で用いる記録は、「えー」「あのー」などの間合いをとる言葉も大切な記録となりますので、略さないで正確に文字にします。全て記録しなければ信憑性も問われてしまいます。一言一句の発言を大切にする場合にご指定ください。

ケバ取り反訳

  • ケバやダブリは削る
  • 明らかな間違いは直す
  • 助詞の誤りを訂正、補完する

 

間合いをとる言葉などのケバ(無機能語)を省く。
ダブリ(重複言葉)は削る。
会話中、間違った言葉の後に正しい言葉が続いた場合、正しい言葉で文字化する。
うろ覚えの数字や固有名詞が間違っていた場合、正しく処理する。
助詞(てにをは)の誤りを訂正したり、補ったりする。
 
その場の雰囲気が伝わる仕上げです。全て「話したとおり」に反訳します。
例えば対談・座談会等で、和やかな雰囲気・緊迫感などを残したい場合や、話された内容を確認したり、編集のための資料として使う場合に適しています。

整文反訳

  • ケバやダブリは削る
  • 明らかな間違いは直す
  • 助詞の誤りを訂正、補完する
  • 適切な句読点を打つ
  • 必要ならば倒置を直す
  • センテンスを短くするために(文意を変えずに)語尾をつくる
 
以上の限定された範囲内で「発言の趣旨は絶対に変えない」ということに注意を払いながら、書き言葉風に文章を整え、読みやすく誤りのない原稿にするのが整文反訳です。各種会議の会議録・議事録・報告書などを作成する場合に、ご指定ください。
 
 
※対談やインタビューなどについては「話し言葉風」で整文いたします。
※ご希望により、話し言葉風・書き言葉風に整文したものを、「です・ます調」「だ・である調」にて仕上げます。
ご相談ください。
 
上述いたしましたように、単に「音声反訳」といっても逐語反訳から高度に整文されたものまで、お客様がご希望される文章の整え方によって、さまざまに変わります。

当社の原稿表記は、国会会議録表記基準『新版 標準用字用例辞典』(公益社団法人日本速記協会)に準拠し、正確に表記いたします。

 

※「漢字を多く」などのご要望にもお応えいたします。

※一般的によく使われる漢字や新聞などでよく目にする漢字などは、ご指示くださればこうした表記も致しますので、ご遠慮なくお申し出ください。

transcription とは

transcription : 書き写すこと・音声を反訳することです。

 

transcriber は写本筆写者・代書人という意味。文字どおりいえば写して書く人のことです。

transcription は、そのときの身体の動きや笑い・声の調子など、話し手の「気持ち」を酌み取りながら行うと、さらに良いとされます。

お問い合わせ・ご依頼は

03-5954-7606受付時間
平日9:00~17:00

メールでのお問い合わせはこちら

PAGETOP